パソコン修理、トラブル解決!!
パ ソ コ ン A B C
 
 
データ復旧   ・ 基板ハンダ修理 
 
・ 新品、中古パソコン販売 

・ プリンター外付けハードディスク等の周辺機販売

・ パソコン機器設置、各種設定 

・ データ移行 などなど何でもお任せ下さい!!



TEL:0956-59-5600    お気軽にお問い合わせ下さい

    営業時間 AM9:00〜PM6:00 店休日 毎週水曜日、第1日曜日
                                                             
 
                     長崎県佐世保市指方町2225-13-1F      交通アクセス
 

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介お問い合わせカートの中
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

修 理 実 績


SiliconPower製USBメモリ4GB



 


USBメモリが真っ二つに折れてしまったとのことでご来店。
これ以上無いというほど完全に折れています^^;

USB端子の交換だけなら簡単な物なのですが、詳しく診断してみますと基板がショートしており、コンデンサが破裂していました。

米粒の半分にも満たない小さなコンデンサを交換し、保守用のUSB端子をハンダ付けしてデータ100%取り出し完了しました^^
新品のUSBメモリにデータを入れてお渡し完了。
 


バッファローLinkstation(NAS) LS-CH500L



 


ある日、突然アクセスできなくなり中身のハードディスクを取り外してみるもハードディスクが認識しないとのことでご来店。
NASのハードディスクは、そのままパソコンにつないでもデータは見れないのですがこちらのハードディスクは更に厄介なことに、2つのヘッドの内1番ヘッドがほぼ壊れかかっておりハードディスクにアクセスができない状態でした。

まずは0番ヘッドのデータを吸いだし、その後1番ヘッドのデータを吸い出します。
しかし1番ヘッドのデータ吸いだしは困難を極めました^^;

数秒から数分たつとヘッドがデータを見れなくなってしまうため、その度にハードディスクをリセットするという作業が何日も必要となりました。

あきらめず作業をしたおかけで、データ吸いだし完了致しました。
不良クラスタがかなりできていたため、一部データは破損しておりましたが、ほぼ全てのデータが取り出しできました。新しいNASにデータを移行して完了です^^
 


バッファロー外付HDD HD-PNT1.0U3-BC



 


USBのコネクタが取れてしまい、他店でデータ取り出しをご依頼されたところ中のハードディスクに暗号化がかかっており、データの取り出しができないと言われたそうです。

この機種はハードディスクケースの基板自体に暗号化が施されており、ハードディスクをパソコンにつないでもデータが見れません。

要するに、USBコネクタが破損した基板を通さないとデータが見れないということですね。
全く同じ型番の基板を用意しても暗号が違うのでデータは見れません。

ここは暗号化された状態でデータ復旧するか、USB3.0コネクタを修復するかのどちらかになります。まずは暗号化されたハードディスクよりデータを取り出し可能かやってみましたが、データ復旧できませんでした。

今度はUSB3.0コネクタの修復を試みてみます。
USB3.0コネクタは完全に取れており、さらにコネクタをハンダ付けするためのランドが10本中2本はがれてます。^^;

基板をはがし、0.5mmほどのパターンと直接ハンダ付けし、ハードディスクを取り付けてみると・・・・・・・ハードディスク認識きたー!!

取り出したデータを確認したところOfficeデータ1個破損を見つけましたが他のデータは問題なさそうです。
新しいハードディスクにデータを入れて作業完了。

しかし、このタイプのハンダ付けは神経を使いますね。
しばらくはやりたくない作業です^^;

ちなみにデータ取り出し後に再度、暗号化されたハードディスクからの暗号解読データ復旧試してみたらデータ取り出しできました^^
データ復旧料金よりも基板修理の方が料金がお安くなったので基板修理の料金でご請求させていただきました。